明朝体におけるカタカナが好きです。
 たとえば「アーティスティック」ですとか、ゴシック体や十分にアンチ・エイリアスのかかっていない、たとえばMS明朝のようなもので表示されるとそうではないのですが、アンチ・エイリアスのかかっている最近の明朝体で、しかも縦書きの形で示されると、なんだかよいもののように見えるのです。

 カタカナは程よく硬質ですが程よく柔らかいので、明朝体と組み合わせると、私にとっては楽しいシェイプになるのかしら。

広告

関連コンテンツと広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA