IcoMoonを使ってVivaldiのアイコンフォントを生成してみた

IcoMoonAppを使って、Vivaldiのアイコンフォントを作成してみたので、その記録です。

広告

アイコンフォントの元にするアイコン画像ファイルを用意する


からアイコンとロゴのPNGを取得しました。こちら、プレス&メディア用キットになっており、ご自由にお使いください、とありますので、大丈夫…かな? 問題があったらやめますね。
で、そのままだとかなり大きかったりしたので、ブラウザベースのサービスを使う予定だったこともあり、ペイントで縮小。元々が大きいサイズなので、結構滑らかなまま縮小できたと思います。

PNG画像からSVGを生成


を使ってSVGファイルを作成。
###補足
なお、のちに

があることを知りましたorz

SVG画像からIcoMoonでフォントを生成

記事の最初で述べたとおり、


を使いました。
Appにアクセスしたのち、Import Iconsより作成したSVG画像をインストール。アイコンフォントにしました。

フォントを作成した感想

やりやすかったです。世の中には便利なツールがいっぱいですね。
作成したアイコンフォントは、もう少し調べた後このブログで使っていきたいと思っています。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA