エディタをより便利にしてくれるプラグイン「HTML Editor Syntax Highlighter」

https://unsplash.com/search/photos/wordpress?photo=OqtafYT5kTw
Ilya Pavlov

 このほど、Vivaldiのフォント設定を変えたこともあり、WordPressの投稿画面が使いにくくなりました。
 いつもテキストエディタを使っているのですが、文字が小さかったり、いろいろと調整しづらい状態であったのに気が付いたのです。
 それで探して入れた「HTML Editor Syntax Highlighter」がなかなか使いやすかったので、紹介します。

広告

HTML Editor Syntax Highlighterの概要

 WordPressプラグイン「HTML Editor Syntax Highlighter」は、WordPress管理画面のエディタにシンタックスハイライト(名前からして恐らくHTML系中心)を適用させてくれるプラグインです。
 名前そのままのように見えますが、実はシンタックスハイライト以外にも、エディタのフォントサイズ変更など、ちょっとした便利機能が備わっており、また設定も手軽です。
 どうやらJavaScript製エディタであるCodeMirrorを元にしている模様で、それもあってか、ちょっとした簡易HTMLエディタといった状態が実現可能です。

インストール方法

 HTML Editor Syntax HighlighterはWordPress公式プラグインディレクトリにありますので、通常のプラグインと同じく、ダッシュボードからインストールが可能です。
 ダッシュボードの「プラグイン」から「新規追加」を選び、「HTML Editor Syntax Highlighter」で検索すれば、同名でヒットしますので、そこからインストールすれば導入は官僚です。

 また、ダッシュボードからのインストールができない場合は、以下のリンクからダウンロードして導入することもできます。

設定

 設定ページは特にありません。投稿の編集画面の右上に歯車マークが追加されているので、そこをクリックすれば一行程度の設定項目が上から出てきて、そこで選ぶだけで色々な機能が適用されます。

 設定できる項目とその私的解説は以下の通り。

  • Theme: その名の通り、シンタックスハイライトエディタのカラーテーマを選べます。
  • Indent: インデントに関する設定
  • Line Wrap: 折り返すかどうかを切り替える
  • Numbering: 行番号を表示するかを切り替える
  • Font Size: フォントサイズを変更する
  • Line Height: 行の高さの変更
  • more…: その他の設定
    • Advanced Options: 所謂詳細設定、高度な設定
    • Highlighting: ハイライトする部分に関する設定
    • Match Brackets: [角括弧]をハイライトするか
    • Tatch Tags: HTMLタグの一部を選択しているとき、そのタグの全体をハイライトするか
    • Highlight Selection Matches: 選択している言葉をハイライトするか
    • Auto Completion: 自動補完に関する設定
    • Auto Close Tags: 自動的にタグを閉じるかどうか
    • Auto Close Brackets: 自動的に角括弧[]を閉じるかどうか
    • Editor Tools: エディタ・ツールに関する設定
    • Code Folding: コードをたたむのを可能にするかどうか
    • Show Scrollbars: スクロールバーを表示するか
    • Key Bindings: キー・バインディング(所謂ショートカット)をどうするか(デフォルト及びSublime/Vim/Emacsの計4種類より選択可能)

 これらを設定することで、ちょっとしたコードエディタをWordPress編集画面で使うことができるようになります。

利用方法

 設定したシンタックスハイライトエディタが使えるのは、

  • WordPressの投稿編集画面のテキストエディタ
  • テーマファイルを編集するときの編集画面

らしいです。
 これらを開いたとき、設定したテキストエディタを使えるようになっている、というわけです。

使用した感想

 なかなかいいです。
 そもそも本格的にコードを書く場合はIDEやテキストエディタがローカルにあるのでそちらですればいい自分としては、これぐらい適度に機能があれば十分でした。
 特に重い感じもないですし、シンプルで良い感じ。
 個人的に、WordPress投稿画面のフォントサイズを変更したくて導入したプラグインでしたが、良い収穫でありました。

その他コメントなど

 CodeMirror知識のある人はもう少しいろいろと改造したりできるらしいですが、デフォルトでも十分な機能を備えているんじゃないかなと思います。
 中には他のプラグインと組み合わせて自分好みに設定を色々したりする人もいるみたい。
 ビジュアルエディタではなく、テキストエディタのほうを使っている人には、おすすめのプラグインです。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA