人気の投稿を表示できるプラグインWordPress Popular Postsの紹介と使い方

 WordPress Popular Postsを導入したので、その紹介とどういうふうに使うかを書いておこうと思います。
 なお、このブログではウィジェットを使っており、ショートコード・テンプレートタグで使用はしておりませんので、そのあたりの説明のずっと細かいところまでは、説明しきれていないかもです。

広告

WordPress Popular Postsとは

 所謂「人気の投稿プラグイン」というやつで、ウィジェット等として「人気の投稿」を表示することができます。
 これにより、閲覧数が多い、閲覧者の方にとって人気のある投稿を閲覧者の方に一覧でお見せすることができるようになります。

導入した理由と使用しての感想

 最初はJetPackの「人気の投稿」ウィジェットを使っていました。期間を指定するにはfunction.phpかそのあたりで色々しなければならないなど、色々不便があるものの、JetPackの一つとしてまとめて追加されていたので、他に導入する手間も要らないし…と。
 が、このJetPackのウィジェットが、ある日何故だか作動しなくなったのです。
 JetPackはWordPress.comと連携してアクセス数をカウントしたりもするでしょうから、その辺がうまく働かなかったのか、何なのかは分かりません。今は多分動くとは思うのですが…。
 で、ウィジェットの表示が「表示する内容はありません」だったか、そんなものになってしまったので、個別で色々設定も可能なプラグインを入れることにしました。
 Google先生にお聞きしつつ、これがよさそうだ、と思って決めたのが、WordPress Popular Postsです。

 さて使用してみて、結論から言いますと、いろいろ機能も増えたり設定したりで、だいぶいい感じです。JetPackのウィジェットよりも色々なオプションがありますし、今はCSSで非表示にしていますが、view数も表示できたりなど、きちんと色んな機能がおさえられています(そのうちデザインの指針を決めて表示させる予定)。JetPackの人気の投稿ウィジェットが物足りないなら、これを入れてみても良いと思います。

WordPress Popular Postsのインストール方法

 公式プラグインディレクトリにあるので、「プラグイン」→「新規追加」→「WordPress Popular Posts」あたりでインストールできるかと思います。

使い方

ウィジェット

 普通にウィジェットから、「WordPress Popular Posts: 人気の投稿」を探して、他のウィジェットと同じように追加すれば可能です。なお、HTML Markup Settingsについては別記事で詳しく書く予定です。書きました。
 まあでもウィジェット追加画面から道なりというか、設定項目を読みながらいけば結構楽に出来るかと思います。
 とりあえず設定項目についてざっと書きますと、

  • Title: ウィジェットの題名を入力できる
  • Show up to: 投稿をいくつまで表示するかを入力できる
  • Sort posts by: 何基準でソートするかを選べる(総合閲覧数、コメント数、平均閲覧すうより選択可能)
  • Filters: 投稿ランキングへのフィルタ。つまりどういうものを集計するかを設定するグループ。
    • Time Range: 「人気」の基準とするものの集計期間の長さを選択(Last 24 hours, Last 7 days, Last 30 days, all-timeから選べる)
    • Post type(s): どの投稿を表示するか。post,pageとか記入して選べる。固定ページを除く普通の投稿で考えたい場合はpostのみを記入。
    • Post(s) ID(s) to exclude: ランキングから除外する投稿のIDをあれば入力
    • Category(ies) ID(s): 集計対象のカテゴリのIDを入力すればそこから集計してくれる。デフォルトは空で、全ての投稿(Post type(s)で選んだタイプのもの)から集計される。集計対象から除外したいカテゴリのIDを-つきで入力すると、そのカテゴリを除外対象とする。
    • Author(s) ID(s): 集計対象にしたい著者IDを入力。複数入力したい場合は半角コンマで区切ればよい。デフォルトでは空で、その場合は著者による制限はかけない模様。
  • Posts settings : 投稿に関して、集計した要素以外をどう表示するか。
    • Shorten title: チェックするとタイトルが略される。おそらく「…」とかで字数制限から溢れたものを省略するか、ということかと。
    • Display post excerpt: チェックすると投稿の文章の抜粋が表示される。
    • Display post thumbnail: チェックするとサムネイルが表示される。
  • Stats Tag settings: 統計を閲覧者に表示するかどうかの設定。なおどうやら、ここでDisplayとしておかないと次のHTML Markup settingsで表示非表示の設定が出来ない模様
    • Display comment count: チェックするとその投稿のコメント数を表示
    • Display views: チェックするとその投稿の閲覧数を表示
    • Display author: チェックするとその投稿の著者を表示
    • Display date: チェックするとその投稿の日時を表示
    • Display category: チェックするとその投稿のカテゴリを表示
  • HTML Markup settings: HTMLマークアップをここで設定したい場合の設定
    • Use custom HTML Markup: チェックすると投稿ランキングを表示するときに使うHTMLタグをどうするかを設定できる。
    • HTMLを設定するフォーム複数: HTMLタグの簡単な知識ががあれば、わりとサクサク記述出来ると思います。詳しくは別記事で。

という感じ。
 色々設定項目がありますが、とりあえず単純に表示させるだけならそこまでいじらなくてもいいと思います。HTML Markup settingsとかは、CSSを弄りたい人向けですね。

ショートコードもしくはテンプレートタグで使う

 ショートコードとしては[wpp]、テンプレートタグとしてはmostpopular()を使えばいい模様です。
 設定できるパラメータは28個ある模様です。ざっと説明してみますと、

  • header: リストのヘッダ(多分上についてる説明。所謂「人気のプラグイン」とかそんなやつ)
  • header_start: ヘッダをかこむタグの開始部分。例えば<h3 class=”title”>とかとExampleには書いてあります。
  • header_end: ヘッダを囲むタグの終了部分。例えば</h3>など、とExampleに書いてあります。
  • limit: リストにして表示する記事数の最大値。
  • range: 人気のある投稿の集計期間。daily,weekly,monthly,allで指定可能。
  • freshness: 記事の新鮮さ。要するに、集計期間内に投稿された記事のみカウントするかどうか。
  • order_by: 何を基準にして人気だと判定するか(コメント数、閲覧数、平均閲覧数)
  • post_type: リストで表示する投稿のタイプ(カンマで区切って複数指定可能)
  • pid: 除外する投稿のid
  • cat: カウントに入れる・除外するカテゴリの指定(-をつけてカテゴリIDを指定すると除外できる)。多分これの値がセットされてないと全カテゴリからになる。
  • author: どの著者の投稿をカウントに入れるか。(多分これの値がセットされてないと基本どの著者の記事であってもカウント内)
  • title_length: 投稿タイトルのうち何文字まで表示するか
  • title_by_words: 投稿タイトルのうち何ワードまで表示するかという意味でtitle_lengthを使うかどうかを1か0で指定。多分日本語だと使わない。
  • excerpt_length: 抜粋部分の長さ
  • excerpt_format: 抜粋部分のスタイル(強調、イタリック等)を維持するか
  • excerpt_by_words: title_by_wordsなどと同じく、どれだけ抜粋するかの基準をワード単位にするかどうか。多分日本語だと使わない。
  • thumbnail_width: サムネイルの幅
  • thumbnail_height: サムネイルの高さ
  • rating: もし投稿評価プラグイン(WP-PostRatings Plugin)がぶち込まれていたら、そのスコアをランキングのリストに表示するかどうか
  • stats_comments: コメント数を表示するか
  • stats_views: 閲覧数を表示するか
  • stats_author: 投稿者を表示するか
  • stats_date: 投稿日を表示するか
  • stats_date_format: 投稿日を表示するとき、どういうフォーマットで表示するか
  • stats_category: カテゴリを表示するか
  • wpp_start: リストの開始タグ
  • wpp_end: リストの終了タグ
  • post_html: どういう感じでリストに投稿の情報を表示するか(リストに表示する投稿の順番などを<li>{thumb} {title} {stats}</li>といった形で指定する)

となります。post_htmlの使い方はウィジェットの説明とも被るので、別記事になります(別記事にはここのリンクか、下の「まとめととコメントなど」内にあるブログカードからどうぞ)。とりあえず、つまりはこれだけのことを設定することが可能です。
なお、詳しい例などを見る場合は、「設定」→「WordPress Popular Posts」→「Parameters」より確認が可能です。

単純な閲覧数などの統計を見る

 設定→「WordPress Popular Posts」のstatsタブより確認が可能です。集計の基準を選んでApplyすれば集計結果が出ますので、普通に閲覧者数の確認をするとか、ウィジェットで集計基準をどうするかを考えるときに使うと良いと思います。

全般的な設定をする(Toolを使う)

 設定→「WordPress Popular Posts」→「Tool」タブ選択にて、サムネイルなどの全般的な設定が可能です。設定項目を入力あるいは選択した後、Applyを押すとその設定が反映されます。
 設定できる項目をざっと説明しますと、

  • Thumbnails: 表示させるサムネイルに関する設定
    • Default thumbnail: サムネイルのデフォルト画像の設定。おそらくUpload thumbnailからデフォルトにしたいサムネイル画像をアップロードしてApplyを押せば反映されます。
    • Pick Image from: 投稿のどこからサムネイルにするイメージを取ってくるか
    • Responsive support: Enableにするとサムネイル画像を表示するタグの幅と高さに関する属性を取り除く模様。
    • Empty image cache: 押すとキャッシュしたサムネイル画像を消去する模様。
  • Data: 集計データに関するオプション
    • Log views from: サイトマスターも含んで集計するか、訪問者(Visitors)の訪問のみカウントするかを選択できる。
    • Log limit: 謎。私はとりあえずDisabledにしてありますが…。多分、集計データの保持期間に関するもの…なのかな…?
    • Ajaxify widget: WP Super Cacheなどのキャッシュプラグイン使っているならEnableにしてね!だそうです。
    • WPP Cache Expiry Policy: WPP内にリストをキャッシュする期間を決定できます。大規模で多くのトラフィックがあるサイトでは推奨されるオプションのようですが、とりあえず私はNever cacheにしてあります。
    • Data Sampling: 大規模サイト用。いちいち集計していると負荷がかかるぐらいのアクセスその他がある場合に、ランダムでその訪問をカウントするか決め、カウントする場合はサンプリングレートの数だけ閲覧数を増やす感じの模様。
  • Miscellaneous: 雑多。多分日本語で言う「その他」とかそのへん。
    • Open links in: そのウィンドウで開くか、新しいウィンドウで開くかの選択。
    • Use plugin’s stylesheet: プラグイン内のスタイルシートを表示するリストに適用するか。自分で全体の独自CSSなどから弄りたい場合はDisabled。私はDisabledにしてあります。
      となります

まとめとコメントなど

 以上、WordPress Popular Postsの導入と使い方でした。表示をCSSでいじるとかのMarkupとかの方は、書くと更に長くなりますから、別記事を書く予定です。→書きました:


 以上、とりあえず、これらのオプションを了解して設定していけば、あまり支障なく使えるかと存じます。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA