Pz-LinkCardの設定

 Pz-LinkCardを導入し、リンクカードでリンクを装飾できるようにしたのですが、その設定内容を軽くコメントつきで書いておきます。
 導入したときの記事はこちら:


 個人的に、文中にリンクを盛り込みたいときは通常リンク、リンクカードでリンク先の情報をより分かりやすくしたいときはリンクカードを使っています。
 これを導入すると、上のようなリンクカードを簡単にブログ内記事に貼れるので、重宝しています。
 リンクカードの設定は、「設定」から「リンクカード設定」を選択することで行えます。
 私は以下のようにしています。

基本設定

  • ショートコード1: blogcardbq
  • ショートコードで囲んだ文字列: 抜粋文として使用
  • ショートコード2: bc
  • ショートコード3:
  • 定型書式: なし

としています。他のショートコードにかぶらないように、囲んだ文字列の処理が出来るショートコード1は長めにし、さっくり使用する用にショートコード2を設定しました。
 なお、製作者様からお教えいただきましたところ、抜粋文は[bc content="xxx"]としてxxx部分を設定すれば、ショートコードオンリーでも変更できるみたいです。(2017/01/19加筆、2017/08/01プラグイン製作者様からのコメントにより修正)

表示設定

配置設定は適当に。
カードの横幅は90%で、大体なんかいい感じの高さかな、という理由でカードの高さは80%にしています。勿論中央寄せにはチェックを入れています。

カード全体をリンクにもチェック。
シェア数も表示にチェック入れています。

文字設定

 色の方針に合わせて、

  • サイト情報: 色#555555 大きさ12px 桁数50
  • タイトル: 色#333333 大きさ16px 桁数200
  • URL: 色#8e0404 大きさ9px
  • 抜粋文: 色#555555 大きさ11px 桁数250

 と設定しています。

外部リンク

 背景色は#ffffff
 背景画像は特に設定していません。
 サムネイル・サイトアイコン共にWebAPIを利用する設定です。
 サイト情報も特に設定せず、新しいウィンドウで開く、は「モバイル端末以外」です。

内部リンク

 外部リンクと重なる設定はほぼいっしょです。
 ただ、

  • サムネイル: 直接取得できない場合、WebAPIを利用する
  • サイトアイコン: なし
  • 記事取得方法: 抜粋文が設定されている投稿はそちらを優先する

 としています。

同ページへのリンク

 背景色が#eeeeeeというだけで、他の設定は内部リンクと同じです。

画像取得APIの設定

 ファビコン取得APIは確かそのままだと思います。Googleの取得APIですね。
 サムネイル画像の取得APIは、
http://capture.heartrails.com/200×150/cool?%URL%
 です。たぶんこれであってる…はず。設定は


 を参考にしました。

詳しい人用(Debug)

 特に変えてない…はずです。
 「末尾のスラッシュ」、「CSSリセット(img)」にチェックをしています。この記事を書きながら、非推奨だったので「SSL検証を無効」のチェックははずしておきました。

広告

2 Comments

  1. 2017/01/19加筆部分について、ショートコードと認識されてURL不正のメッセージが表示されているようです。
    角括弧を表示させるときは [[blogcard url=”xxx”]] というように角括弧を2つ続けて書くとショートコードとして認識されないようですので、参考までに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA