机の上の時計
JESHOOTS / Pixabay

 JavaScriptのタイマーについてメモ

広告

返り値はタイマーID

 setTimeoutとsetIntervalでタイマーをセットできる。返り値としてタイマーIDが返り、これを変数などに保存しておいて、対応するclear関数に入れればタイマーを止めることができる。

配列を使ったタイマーの管理

 複数のタイマーを扱う場合、配列で管理してもいいかもしれない。また、タイマーが最初にかけられた順から消費されるなど、規則性のある場合、キューとして配列を扱って管理することもできる。
 一気にタイマーを止めたい場合は、popもしくはshiftで順繰りにすべてのIDを取り出しつつ、TimeoutかIntervalであるのかに対応して、clearTimeoutあるいはclearInterval関数をかければよい。

広告

関連コンテンツと広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA