はてなブックマークなどの情報を見ていると、WordPressのフッター情報のカスタムに手間取っている系の情報をよく目にします。また、当サイトでもそういった質問をいただきました。
それで、Cryout Creationsのテーマ好きとして布教も兼ねて、フッターのコピーライト表記の変更方法を、忘備録も兼ねて書いておきます。

広告

単純なコピーライト表記→オプションで設定する

Cryout Creationsのテーマでは、大体がオプションで設定可能です。すなわち、フッターのコピーライト表記もオプションでサクっといけます。

現在使っているKahunaでは、「全般(General)」→「構造(Structure)」からの「フッターテキストをカスタムする」で設定できました。

おそらくCryout Creationsのほかのテーマでも、英訳されていない場合はGeneral→StructureからFooter Text…と辿っていくことで可能になると思います。

Powered by…の変更

Cryout Creationsのテーマでは、だいたいPowered by テーマ名 & WordPress. という形で、サイトのコピーライト表記とは別に表示がされます。

これを変更する場合、手法はいくつかあります。

CSSで消す

この表記には、poweredbyというidがついています。独自CSSから

#poweredby{
display: none;
}

あたりでCSSの設定を上書きすれば、表示を消せます。

JavaScriptで消す

おそらく詳しい方には自明かと思います。JavaScriptではgetElementByIdあたりでDOMを取得すれば、その内容を書き換えることができます。詳しくは書きませんが、それでおそらくどうとでもできると思います。

functions.phpでどうにかする

出力されるPowered byの内容自体を抹殺したい場合、この出力元となるcore.phpを子テーマで上書きするか、functions.phpでどうにかする方法があります。

子テーマでのcore.phpの上書きは、更新があった場合を考えるとあまり推奨できませんので、functions.phpの場合を紹介します。

元となるテーマファイルでadd_actionを用いてcryout_master_footer_hookに追加されているverbosa_master_footerという関数があります。
それをcryout_master_fookからremove_action関数を用いて除去し、add_actionで代わりの関数をセットすればいける…はず。

Powered byを消すことについて色々

個人的には、Powered byを消すのはなんだかな、という感じです。私の場合、WordPressでいろいろやっているのが大いにばれているので、それもあると思います。

なんていうか、変更するためのフックも用意されずにcore.phpに組み込まれている時点で、テーマの作成者側には大切な表記なのだな、と感じられるというか…。

GPLにのっとった形であるとはいえ、テーマを無料で使っているので…。

ただ、セキュリティ的に言えば、WordPressを使っていることを隠すことによる効果がないとはいえませんので、その面ではありだと思っています。このあたりのバランス、難しいなあ。

広告

関連コンテンツと広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA