VivaldiでのDNSキャッシュのクリア方法

Vivaldi Press Kit

 サーバ移転のとき、当然のことながらドメインのDNS設定を変更しました。
 その時、DNS設定が反映されてからさくっとアクセスできるように、VivaldiのDNSキャッシュをクリアする方法を調べたので、書いておきます。

広告

Windows自体のDNSキャッシュクリア&確認方法

 WindowsのほうにもDNSキャッシュがあるので、まずそれをクリアする方法です。

 DNSキャッシュのクリアは、コマンドプロンプトから可能です。
 コマンドプロンプトはプログラム一覧から「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」で起動が可能。

 それで、そこに、

ipconfig /flushdns

 とコマンドを打ち込むことで、DNSがフラッシュされます。

 確認は、以下のコマンドにて。

ipconfig /displaydns

 このコマンドはDNSキャッシュとしてストレージされている一覧が表示されるのですが、これが「表示するものがない」といったような結果になればOKです。

ドメインとアドレスの割り当て確認について

nslookup アドレス

 で、DNSで割り当てられているIPアドレスを確認することができます。
 DNSキャッシュをクリアしてもそのままの場合は、そこを確認して色々対策を打つ感じでいくといいかな、と思います。

 ドメインのIPアドレスを変更し、DNSキャッシュをクリアしてもこのコマンドの結果がIPアドレス変更前のIPアドレスと変わらない場合、使用しているDNSサーバがキャッシュしているDNS情報が変わっていないことが原因の場合があります。
 その場合、DNSキャッシュをDNSサーバが使用しているなら、「権限のない回答」として表示されるはずなので、DNSサーバの設定を変えられない場合は、そのままDNSキャッシュの期限が切れるまで待つことになるか、hostsファイルを設定することになります。
 私は自分のケアレスミスが怖いので、hostsファイルはいじらないようにしようかな、と思っています。

Vivaldiのキャッシュクリア方法

 基本的にはChromeと同じです。
 手順は以下の通り。

  1. アドレスバーにvivaldi://net-internals/#dnsを打ち込んで遷移
  2. 開いた画面のHost resolver cacheの項目にある「Clear host cache」ボタンをクリック

 以上です。
 Chromeの場合は打ち込むアドレスがchrome://net-internals/#dnsになる模様。VivaldiはChromiumベースなので、vivaldi://でこの設定画面(chrome://net-internals)に似たものを表示するようにしているのかな、と考えています。

その他コメントなど

 今回はDNSキャッシュのクリア方法について書きました。
 多分これからもDNSキャッシュのクリアなどすることはあると思うので、防備録としておいておきます。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA