VSCodeではsettings.jsonでテーマの色をカスタムできます。このカスタムが積み重なったら別Themeになったりするのかも。
 それについてのメモです。

広告

ワークベンチとエディタは別項目で設定する

 ワークベンチはworkbench.colorCustomizationsからテーマごとに設定できます。VSCodeではだいたいサジェストしてくれるのが助かる。

 内部エディタの色設定はeditor.tokenColorCustomizationsから設定できます。実は色だけじゃなくて斜体とかも設定できたりする。

 tokenColorCustomizationsでvariablesとかkeywordsで割と簡単に設定できますが、より詳しくするにはtextMateRulesを設定する必要があります。
 nameには設定の名前、scopeには適用範囲、settingsには表示についての設定をセットして項目を増やしていく感じ。

textMateRulesで設定したいところなどの色名やscopeが分からない場合

 コマンドパレットからTMスコープの検査で。カーソルのある部分に関して、現在設定されているスタイル、及びそこのスコープを表示してくれます。
 はじめThemeのリポジトリを見ながらカスタムしていましたが、TMスコープの検査やりだしてからはだいぶ楽になりました。

その他コメントなど

 設定がだいぶ元のテーマと違うようになったものもできたので、もしかしたらそのうち切り離して独自テーマにするかも。

広告

関連コンテンツと広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA