[Java]NIOにおけるPathの使い方メモ

 勉強する機会があったのでURLやコードをメモ。

広告

Java NIO

 これまでのIO回りを補強するクラス群。スピードは速かったり遅かったり。MappedByteBufferがすごく速いらしいが、そのあたりはコーディング次第だろう。

Pathクラス

 Pathクラスは名前の通り、ファイル・パス回りを扱う。データの取り込みはまた別のクラスであるFilesを使うらしい。
 参考にできるサイト:




 恐らく操作に慣れる、もしくは求めるコードを書くには一番下のチュートリアルに目を通すのがはやい。

コード例

 C://User/ユーザ名/Documents/ディレクトリを取得する例


Path p = Paths.get(System.property(“user.home”)+”/Documents/”);

メソッドのメモ

 Path pで変数指定をしているとすると、
 絶対パス取得: p.toAbsolutePath()で返り値がPathオブジェクトの形で返ってくる。String型にしたい場合はtoString。なお元々絶対パス指定の場合はtoStringでよい。
 絶対パスかの判定: isAbsolute()
 これらのメソッドから分かるように、ファイルの位置、すなわちパスを主に扱う。
 なお従来のIOであるFileオブジェクトにしたい場合はtoFileで返される。FileクラスにはtoPath()メソッドが追加されている。

その他コメントなど

 次はFilesクラスの勉強。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA