コマンドラインからRustをインストールして管理したかったので、パッケージマネージャを使ってrustの環境を構築しました。
そのメモです。

広告

使用するパッケージマネージャ

結論としてのインストールコマンド

choco install visualstudio2019buildtools --package-parameters "--add Microsoft.VisualStudio.Workload.VCTools --includeRecommended --includeOptional --passive"
scoop install rustup-msvc

コマンド解説:
1. chocolateyでVSビルドツールのC++コンパイラ等のワークロードをインストールする
2. scoopでrustupをインストールする(rustupをインストールするとrustもインストールされる)

ちなみに

msvcのビルドツールはインストーラの性質上、scoopではパッケージとして提供するのが難しいようです(MSが協力しない限り、不可能に近い?)。ですのでchocolateyで代用しました。

広告

関連コンテンツと広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA