普通に文字列の読み書きをしたいならbufio

 バッファもついてるので多分高速。
 ただし、念のためにコードの最後でFlushメソッドをコールする必要がありそう。

バイトも文字列もbufioでいける


を参照するとどうやらこのbufio、WriteByteもWriteStringも一つでOKっぽい。ついでに一行ずつ読み込むScannerもついてる。便利。

少し具体的には

 os.Openで得た値をbufio.New系メソッドにぶち込む。こんな感じとかこんな感じで。

一括処理はioutil

 一括処理を簡単にするためのユーティリティとしてioutilパッケージも存在する。

広告

関連コンテンツと広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA