Eclipse画面テーマをSublime Text 2風にしてから微調整するなど、自分用設定メモ

 下記にあるとおり、Pleiades Neonから、Eclipseにテーマを適用するプラグインが同梱されるようになりました。


 これを試すのと共に、たまたま平行作業のようになりましたが、プログラミング用フォントも変更しました。それに関するメモです。

広告

テーマの変更方法

 前述のURLにあるとおり、「ウィンドウ」→「設定」と進んで、「一般」からの「外観」を選択。「ルック&フィール」を「MoonRise(Standalone)」に変更。
 さらに「色とテーマ」をクリックしたのち、「Sublime Text 2」を選択。
 これでコードのハイライトなどがSublime Text 2風になります。

 で、私はこれではちょっと選択部分がまぶしかったので、「設定」→「一般」→「エディター」から「テキストエディター」を選び、「外観色オプション」において、「現在行の強調表示」を、RGBそれぞれ15の濃い灰色に設定しました。

使うことにしたプログラミング用フォント

 色々比べた結果、Myrica M、サイズは12にしました。
 Myrica Mは下記からDL可能です。

 どうやら私はIconsolataがだいぶ目になじんでるようです。そもそも日本語があれだというのにConsolasでやってたしなあ。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA