cargo –helpで一覧を出すコマンドを調べればよかったのですが、一瞬迷ったので、忘備録がてら。

広告

結論: cargo –listで出る

以上です。
 要するに、

cargo --list

を実行すれば、cargo-xxxの形でインストールされたコマンドの一覧を参照することができます。
 ちなみに、最初からcargoに組み込んであるコマンドには、list表示の横に説明が入るようです。
 つまり、どうやら最初から入っていないコマンドには説明がつきません。

広告

関連コンテンツと広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA