BootStrapとHonoka

 鈍色合字アイコンフォントを公開するにあたり、静的サイトジェネレータなど考えたのですが、結局BootstrapとHonokaを使ってワンページHTMLを作成することで配布ページを構築しました。

 Honokaは、Bootstrapのテーマです。日本語も綺麗に表示させることが出来ます。
 サイトはこちら:

 ここからHonokaをDLし、その中にあったデモ用のファイルをindex.htmlにして書き換えて利用しました。
 …ちょうべんりでした。
 Bootstrapについては結構色々調べましたけれど。
 入門としては、


などを読みました。
 改造作業はCloud9を使ったとはいえ、わりとベタ打ちに近かったですが、うん、昔色々うんうん悩んで色々構築していた頃よりは、楽に出来たのではないでしょうか。
 なおどうやってアップロードしたとかは、後のエントリで書く予定です。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA