万年筆のすすめ: 自分の選んだ樹脂でオーダーメイド万年筆。「helico」

 今回はオーダーメイドの万年筆を作ってくれるお店である「helico」の紹介です。
 オーダーメイドといっても、わりあいパソコンで言うBTOにも似た感じで、見本にある材料の中から軸となるものを選び、数種類あるhelicoオリジナルの万年筆/ガラスペンのタイプ(型か形のような感じです)から1つ選んで、それで注文するような風であるのが主です。なおボールペンも可能な模様。
 主である、というのは、長期間かかるのを前提とした上で、前もって店を訪れるなどして、注文するにあたって相応の打ち合わせや問い合わせを行い、希望の形を相談すれば、可能な形のものであればオーダーメイド(値段は相応のものになるはずです)できるようだからです。
 材料は今のところ、アクリル樹脂と木材からの選択になるようです。また、一般的に木で作られた万年筆は高いのと同様に、木材を材料として選んだ場合、お値段は少し高めになります。
 予約期間はおそらく半年から1年ぐらいです。どうやらTwitterのhelicoアカウントからもダイレクトメッセージで注文を受け付けていたようですが、今はたまった注文のためにダイレクトメッセージでの受付は停止中(4月頃再開予定の様子)の模様です。

広告

helicoさんのサイト

 Twitterとfacebookが主な連絡手段であり、ホームページ代わりのようです。アクセスなどはこちらをご覧下さい。


選べる樹脂について

 樹脂は様々な色・模様のものから選べます。樹脂の種類としてはアクリルで、helicoのご主人さん(万年筆制作も担当なさっています)が、外国からの仕入も担当なさっている様子です。
 万年筆に使われる樹脂についてはこちらの記事をどうぞ。
 選ぶ段階での見本の樹脂は下みたいな感じ。クリックするとTwitterに飛び、拡大した写真を見ることが出来ます。

キャップと胴体の樹脂を違うものにすることも可能

 また、キャップ部分と胴体部分の樹脂を違うものにすることも可能です。さらに、市販の万年筆でよくあるように、キャップと胴体の境目に金属の輪をはめて、アクセントにすることも可能です。勿論、金属の輪なしも注文が可能です。

おすすめ万年筆とガラスペンの形

 helicoさんの万年筆・ガラスペンには、いろいろな種類があります。
 スタンダードに万年筆のだいたい普通の長さのもの、一寸使うのに良いサイズのガラスペン。
 その中でも、万年筆とガラスペンが、これはちょうどいいな、と思ったものを紹介します。

小型万年筆「シュクル」

 まずはなんといっても、小型の万年筆「シュクル」。
 一見かなり短い万年筆で、とても持ちにくそうに見えるのですが、実はキャップをそのままうまく胴体の、ペン部分とは逆の方向にはめ込めば、キャップのない一本の万年筆として使えるのです。
 つまり、コンパクトで小さいけれど、ちゃんと使える万年筆、というわけですね。
 なお、セット可能なカートリッジあるいはコンバータはヨーロッパサイズのものになるそうです。ヨーロッパの万年筆メーカーのカートリッジを見てみると小さいので、なるほど胴体の短いシュクルさんはそうなるなあ、という感じです。
 値段はおおよそ1万5千円で、お財布にも優しい可愛らしさです。
 例によってカエレバを使ってですが、商品の画像の一例を貼っておきますね。Amazon/楽天では、ペンハウスさんが販売を行っておられる様子です。

ガラスペンの弱点を克服「キャップ付きガラスペン」

 通常のガラスペンは、万年筆に比べてガラス部分(特に何の覆いもないペン先)が破損しやすいため、持ち運び難いというのが難点でした。
 そういった弱点に、helicoさんではキャップをつけたガラスペンを作ることで対応。
 確かこちらはおおよそ1万8千円ほどだったと記憶しています。
 もちろん、ガラスのペン先部分は流石にガラスですが、持ち手などは選んだ樹脂でオーダーが可能です。

購入方法

Twitterでのオーダー(現在休止中)

 Twitterでは、ダイレクトメッセージを使ってオーダーも出来るようです。ただ、樹脂を見てなら対面でしょうか。HelicoさんのTwitterによると、DMでのオーダーの再開は4月ごろになるようです。
 2017/04/24追記:どうやら注文が現在かなりたまっているらしく、再開はもう少し先とのことです。参考URLは以下:

イベント

 万年筆関連で開催されるイベントに、helicoさんがオーダー受付と、既に制作済みの品をそのまま売る、というサービスを出展なさることがあります。
 helicoオーダー会、というそのものずばりな名前をしていたこともあるような。
 また、最近はHelicoオンリーのイベントもあった模様です。

文具屋の店頭

 先ほど書いたペンハウスさんのように、helicoさんの商品を販売されている文具屋さんはあります。
 今のところですと、関西ではナガサワ文具センターあたりの店舗が有力でしょう。
 Twitterでざっとみてみますと、さんちか店などにまだ残数がありそうです。
 お近くに立ち寄られましたら、ご確認なさってみても良いのではないかと思います。
 また、上に張った楽天へのリンク先のように、ネット上の店舗でも販売している店もありますので、既製品でよいという方は、検索してみてもいいかもしれません。

お店(工房)に行く

 helicoのお店(工房)は香川県の高松市にあります。住所の詳細は上に書いたサイトからご確認ください。
 また、お二人で切り盛りしていらっしゃる様子ですから、工房も忙しく回転しているようですので、下記に引用したツイートにありますとおり、1ヶ月ほど前から来訪の予定を知らせるなど、あらかじめ連絡をいれ、注文の可能な状態であることを確かめてから行くのがベターだと思います。
https://twitter.com/colomcat/status/831857344774434816

 工房に行って買う利点としては、何よりその場でペンブランクや作業風景を見ながら、きちんとオーダーを行える点です。
 イベントではどうしても時間が限られますし、今のところ文具屋さんから注文するという体制でもありません。
 TwitterでのDM注文も、現在発注が込み合っている中では困難です。
 その中で、オーダーが詰まっているようですので完成に時間はかかれど、自分の予定と工房の予定をすり合わせた上で訪れることができ、確実に注文ができるので、良い注文(購入)方法になると思います。

その他コメントなど

 今回はhelicoさんを紹介いたしました。
 お一人で生産をしている様子で、私もオーダーはしたのですが、出来上がったペンをお迎えできるまで暫くかかりそう。
 ペンレストも最近は登場した様子なのですが、やっぱり人気な様子。いつか手に入れたいと思っています。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA