創作短文1篇

 少年が笑ったのは、いかにもな話であった。  であるからして私は、いつまでも全てを諦め切れなかったのだ。  あの笑顔が私に向けられやしないかと、道理の通らぬ願いを抱いて終ったのだ。  けれども果たして死の床に入るまで、少 …