私がHTML及びCSSを勉強したやり方

 最近、静的サイトを作ったり、このブログのCSSを弄ったりする関連で、私がHTMLやCSSを学ぶ過程を思い出したので、とりあえず書いておきます。
 とはいえ、どちらかというと昔のHTMLやCSSを学んだ過程といったほうが良いかもしれません。HTML5のタグやCSS3についてはまだまだ勉強中です。
 一寸ネットで検索したりでやってみたのですが、媒体的な問題からか、全体的な詳しいことは分からなかったので、以下の順番で勉強をしたので、よろしければ参考までにどうぞ。

広告

1. 本を読む

 まずこれでした。Webサイト作成を軽く行える、ソフトウェアが少しは付いているような本なんかも読んだのですが、結局のところ参考になったのは、HTMLタグのリファレンス系書籍、CSSのいろいろを辞書的に説明した本でした。
 本の題名や、詳しい出版社は思い出せませんが、まあなにぶん昔の書籍ですからここでおすすめするものでもないと思うので、省略します。
 で、ここで気付いた点がいくつか。

紙媒体のメリット(多分に個人の感覚による)

 私にとっては、紙媒体は、読みやすいというか、頭に入ってくる感じで、技術とかの全体像を把握するのに大分有効でした。そもそも、当たり前のことですが、PCを立ち上げなくても読めますし、視界の中で話したり近づけたりも容易です。更にキーボードによる入力中にも、コンピュータの画面に何も表示せず、傍らの本を開いてタグの用法を確かめることが出来ますので。
 また、読み返すために容易にページをめくってページ同士を交互に見たり出来る状態で、長いページを割いてHTMLとは何か、CSSとは何かといった基礎も解説されていることが多いので、これも便利です。図が多い目のものを選べば、図解もあったりしますし。
 なお、紙媒体の本を選んでこんな感じで勉強する場合、きちんとタグが網羅されていて、それなりのページ数である本(テクニック集とかではないこと)を読むことをお勧めします。あと図解とか、表示例とかあると良いかもしれません。また、辞書的な学習書のなかにはブラウザ対応表の付いているものがありますが、ブラウザはわりと日進月歩なので、古いバージョンのブラウザに対する対応表でないかは確認しておいたほうが良いかな、とは、思います。

しかし、

 ただ、頭の中である程度まとめられるとか、ネットの辞書サイトを読む、というふうに学び始めても、支障が無いことは支障がないです。私は本を読んだら分かりやすかった、というだけですし…。

2. コーディングしながらネット検索で学習

 本を読んだ後、実際に作りたいサイトを念頭に入れつつ、テンプレートサイトからダウンロードした雛形を(勿論利用規約の範囲内で)書き換えたりして、勉強しました。

ネットのメリット

 ネットでは、基本的に知識が分散しています。
 辞書的に色々調べられるサイトもありますが、当然ですがほとんどはタグごとにページが分けられており、本のように纏まった形では見づらいでしょう。
 しかし、その分、今現在のCSS、HTMLの仕様、本には書かれていても情報が古い可能性のある細かいトラブルシューティングへの対処など、小さな箇所で躓いたときに参照するには役立つ知識が散らばっています。
 辞書的な把握は出来なくても、今一寸タグ名しか思い出せないタグの細かい動きや役割だけさらっと検索して読む、ということができます。
 紙媒体の利点が「厚さ」と「大きな纏まり」だとすると、ネットの利点は「細かさ」と「小さな纏まり」です。
 HTMLやCSSの仕様書なんかも、実はWEBにあったりしますしね。

今現在一寸便利だと思うサイト

 というわけで、一通りHTMLとCSSはどういうものかを頭に入れた今、便利だと思うサイトもここに書いておきます。

その他コメントなど

 今回はHTMLやCSSの学習法について書きました。
 今現在私はHTMLとかCSSの情報はネットで得ていますが、本で頭に入れるの、楽しかったなあ。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA