[Java]リソース自動開放できるtry文の書き方[memo]

 いつのまにかリソースを自動開放してくれる方法がJava7で追加されていたので、そのメモです。

広告

try-with-resources構文

 構文の名前としてはtry-with-resourcesです。
 やりかたとしては、ざっくりといってしまえば、
 tryの後ろに()をつけてcloseのいるリソースを宣言する
 という感じです。
 ソースコード的には、

try(BufferedWriter bw = Files.newBufferedWriter(path, charset)){
//bwを使った処理
}
というような感じです。複数リソースを指定する場合は;で区切って、
try(BufferedWriter bw = Files.newBufferedWriter(path, charset);BufferedReader br = Files.newBufferedReader(path, charset)){
//bwを使った処理
}
という感じです。

 これで、closeに気を使わずにリソースを操作することができるようになっています。

参考にした・できるサイトへのリンク

その他コメントなど

 結構便利なものがJavaには追加されていっているようです。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA