AddQuickTagの導入と使い方について

 AddQuickTagを導入しました。導入方法、使い方、参考リンクなど。

広告

AddQuickTagとは?

 AddQuickTagとは、WordPressのテキスト編集画面に、登録しておいた文字列を自動挿入できるボタンを追加するプラグインです。シンプルですが便利な機能ゆえに人気のあるプラグインで、ダウンロード数も相当の多さを誇ります。
## 導入した理由
 最初は、更新が1年ほど前だったので導入をためらっていたのですが、類似のプラグインでよいものが見つからないこと、さらにいつのまにか更新されていて、だいぶ新しい状態になっていたことにより、導入を決めました。
 Code Snippetsとかで色々していたので、そろそろクイックに挿入できるボタンが欲しかったのです…。

導入方法

 AddQuickTagは公式ディレクトリにあります
 管理画面から「プラグイン」→「新規追加」と選択していき、AddQuickTagと検索窓から検索すれば出てくると思いますので、それをインストールすれば、導入は出来ると思います。

設定方法

 管理画面から「AddQuickTag」を選択して、設定していきます。
 AddQuickTagは十分に日本語化されており、だいたい見るとおりに設定していけばなんとかなります。
 ただ、忘れてはならないのは、ボタンの表示の順番である「注文」のところに数字を設定しておくことと、設定項目の一番右端にあるチェックの記号で表される項目にチェックを入れることです。これで、だいたいのテキストエディタ画面でこのボタンの使用が可能になります。
 また、元々表示されているボタンの表示非表示の設定も可能です。

参考リンク

 AddQuickTagは、便利な上に設定画面がかなりシンプルで、それでも十分な事もあり、あんまり解説するところもありませんでしたが、図付きでさらに解説してあるWebページをいくつか見つけたので、この下にリンクを貼っておきます。

その他コメントなど

 参考リンクにもありましたが、導入してみるとかなり便利になりました。今までは手打ちでやってたものとかの挿入が楽になりまして…。
 目次プラグインのショートコードについても、このAddQuickTagを使ってボタンを作成して追加しているのですが、なんとも便利です。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA