万年筆覚書:インクフローについて

 インクフローとは何か、また自分的に関連すると思ったリンクなどの覚書です。

広告

インクフローとは

 端的にいえば、『インクの流れ』、つまり『インクの出』のことのようです。参考【インクフローと】インクで選ぶ万年筆【色・相性】
 Wikipediaによると、

インクフローとは、万年筆やつけペン、羽根ペン等の筆記具において、筆記時に紙へ流れるインクの量のことをいう。書き味に大きく関係する。

 ということになります。
 というわけで、多分、書くときにインクフローが多ければインクがドバーっとなり、インクフローが少なければガッジガジになる、という解釈でいいのかな、と思っています。

インクフロー関連のリンク

 インクフローを絞ったりなどは個人の好みで、その好みに合わせていろいろ情報があるので、自分用のメモもかねてリンクを下に表示しておきます。

 尚一番最後のリンクで言及されている趣味の文具箱は以下。インク特集号で、インクフローに関係する粘度の他、様々なインクの紹介、色の見本がのっています。電子版もありますが、個人的には多分ムックの方がいいかな、と思ったり(推測ですが、ディスプレイの輝度などに左右される電子版より、紙の方が色は分かりやすいのでないかしら、と思いまして…)。

その他コメントなど

 個人的に、インクフローは豊かなほうが好きですが、絞る方もいるんだな、と思いつつ。あと地味に趣味の文具箱は色々とお勧めだと思っています。少なくとも私は、読んでて楽しいです。…時々お値段高すぎる素敵な万年筆を目撃してもどかしくなることはありますが…。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA