プラチナの金魚が欲しい話

 欲しい万年筆があります。
 その名も金魚。
 プラチナ万年筆のセルロイド製万年筆です。
 こちらで書いたように、セルロイドは樹脂の一種で、美しいものの、耐久性に優れた安価の素材が他にあるため、安価な万年筆の場合は別素材が多いです。
 その歴史や、需要の関係もあるのか、わりと貴重というか、お高めの万年筆になります。
 ただ、かなり綺麗です。
 相当に綺麗です。
 楽天の広告を利用して画像を下記に貼っておきますが、できればその下に貼ったプラチナのリンクから、正式な画像をご覧下さい。すごい綺麗です。実物も文具屋さんで見かけて、その時やっぱり手持ちが無くて買うのを断念しましたが、それも綺麗でした。

 他にもプラチナ万年筆は垂涎のラインナップ。個人的に好みの万年筆メーカーさんです。
 でも、まあ、あれだ、私のお金も有限ですので、じっくり貯めつつ、ゆっくり手に入れていこうと思います。まだブルゴーニュさんも現役ですし…。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA